ラーメンロス

大ヒットドラマ「あまちゃん」が終了した際、「あまロス」なる方々が続出したことはご存知の方も多いと思いますが、私はラーメンロスになりました。

地元で本当に大好きなラーメン屋があったんですが、ここんとこ体調不良?なのかやっていたりやっていなかったりの繰り返しだったんですね。8月上旬に閉店予定と店内に張り紙があったので、心の準備はしていました。だからその前に行ける最終日が今日しかなかったのでいざ出陣してみれば・・・「閉店」( ゚Д゚)

まじかー(号泣)

予定は未定とは言いますが、まだ8月じゃないじゃん!(=_=)

もうですね、恋人を失った時のような、そんな喪失感でいっぱいです。

しばらくひきずります(苦笑)

iPhone6cは本当に発売されるのか

9月に発売されるであろう新型iPhone。iPhone4sまでのような小型サイズの端末がいい、という方向けに4インチモデル「iPhone6c」が出る?出ない?なんて情報が錯綜していますね。

しかし毎年のことながらこの時期になるとこの手の話題は尽きないですね。これがappleの常套戦略ということでしょうか。私自身、iPhone6plusを愛用していますし、やはり毎年気になってしまいます。

私的にはもうこのデカさになじんでしまったために、4インチを持つことはもう不可能に近いですが(笑)、4インチモデルはやはり出るのか?と気になるニュースがあったので情報共有です。

 

あるフランスメディアが、これまでのiPhoneの規格にない1,715mAhバッテリーの画像を公開しました。歴代のバッテリー容量はiPhone5、5c、5s、6の順に1,440mAh、1,507mAh、1,560mAh

、1,810mAhとなっているんですね。どの規格にも当てはまらないので、「iPhone6c」ではないか?との憶測も。

もしくは新たなデバイス用かもしれません。

 

今後の展開が楽しみですね。

 

魔法学院バカルディ

 

apple watchってどうなの?

apple watchが発売されてしばらく経ちますが、評判はどうなんでしょうね。

はじめは斬新さに私も購入を考えましたが、もともと腕時計自体が邪魔で仕方ないほうなので(笑)見送りました。

バッテリーの保ちは発表では18時間とありますが、その実12~14時間くらいになるでしょう。この部分はかなりネックだと私は思うのです。

ふつうの腕時計と比較するのはナンセンスかもしれませんが、一般的な電池式の腕時計なら安物でもおそらく1年はもつでしょう。

apple watchは目的が違えど、せめて1週間程度は電池がもつような工夫がされれば魅力が増えると思うのです。watchと名がつく以上、時計としての機能は欠かせません。しかし、「頻繁な充電の必要性がある時計」と考えると、いかがなものか?と疑問符が付きます。もし充電し忘れたら、時計の機能すら使えない。

操作に関しても「直感的」が売りのapple製品としては少し複雑。そもそも小さい画面にアイコンがひしめく。それをタッチするのも通常のスマホに比べ誤タッチが増えるのは必然。さらにサイドボタンを使った新しい入力など、説明書なしで扱えるのかな?と思ってしまいます。

ニュースなどで、売れ行きも徐々に伸び悩んでいるとか見ました。まだわかりませんが、スマホのように常に持ち歩くものとしての位置づけにapplewatchが食い込んでくるのは、しばらく先のことかもしれませんね。新しい物好きで買ったユーザーたちの何割かはもうすでに「タンスの肥やし」にしているかもしれません。

しかしながら、apple watchの満足度が調査の結果97%、との報告も出ています。

数値的なところは鵜呑みにはできませんが、今後試行錯誤を重ね、より良い製品になっていくと面白いですね。